縮毛矯正は時間が掛かるのが難点《40代女性》

小さな頃からかなりの癖毛で前髪がまっすぐおろせないのがコンプレックスだった。高校時代には、パーマあてているの?と言われるほどのウェーブへアで羨ましいと言われたこともあったけれど、湿気で膨らみ、走ったら広がるしいいことなしの髪型です。さらさらのストレートの友達にずっと憧れていました。それでも高校時代もなんとかそのままの髪型で縮毛矯正をあてることなく我慢してきました。初めてあてたのはバイトして自分でお小遣いがたまった大学生の時です。髪を洗うだけでもまっすぐになることに何とも言えない快感を覚えました。ただ、残念なのは施術時間がかかることと、数か月すればもちろんのことまた扱いにくい自分の髪質に戻ってしまうという点です。今私は40代になりましたが、今も数か月に一度美容院で縮毛矯正をあてます。20年前に比べると時間も短くなり、傷みも軽減されて楽にはなりました。でも、それでも一回の施術でトリートメントもいれると2万円くらいかかってしまいます。そして、やはり長時間座っていないといけないので、ある程度、行くぞ!と気合を入れてからしかいけなくなってきました。今後、歳をとってきたら、また癖毛と共に生きていかないといけないのかなと思うと少し不安です。美容整形と同じように髪の毛も整形があるのならば、きっと利用するという癖毛の人は多いのではないかと思うほどです。これからますます美容業界も発展していくでしょうから、それに伴って、もっと縮毛矯正が簡単にあっという間に施術できればうれしいです。